記事一覧

エルメス(HERMES)3選


若い方からオトナの方まで幅広い年代の女性を魅了し続けるエルメスは、パリ発祥のハイブランド(高級ブランド)。

ケリーやバーキンなど「バッグ」というイメージが強いですが、腕時計ブランドとしてのエルメスは「気軽にいいものが楽しめる」という魅力があります。
レプリカ時計
エルメスクリッパー

 クリッパー(CLIPPER) 

大型帆船の船窓をイメージしたスタッズベゼルが特徴的で、エルメスの中でも特に人気・有名なモデル。ほどよいカジュアル感がありつつ、飽きのこないシンプルで洗練されたデザインが魅力です。

Hウォッチ

 Hウォッチ(H WATCH) 

エルメスを象徴する「H」マークをケースにあしらったドレスウォッチモデル。日常使いからドレッシーまで幅広いシーンにマッチして、着こなしをスタイリッシュに演出します。

アルソー腕時計

 アルソー(ARCEAU) 
エルメスで初めて作られたモデルであり、洗練されつつ控えめな高級感が漂う定番モデル。最高品質の革と時計を結ぶ象徴的な1本。

アニエスベーで人気の腕時計


■パリを感じるオシャレができる!
上品さのあるキレイめカジュアルな時計が人気の「アニエスベー」。
シンプルなデザインと色使いはトレンドのコーディネートとも好相性。いつものスタイルが洗練されて見える時計でオシャレが楽しめます。

アニエスベー1

「コンパクトなフォルム×細めのベルト」が女性らしい華奢な手元が叶うシンプルフェミニンなデザイン。
アクセサリー感覚で使いたい白や赤のベルトは差し色効果も抜群☆。気分で付け替えるベルトも付いています。

アニエスベー2

シンプルなスタイルに映えるメンズライクなクロノグラフ。
こちらはカジュアルなコーデと好相性なビッグフェイス。付属の付け替えベルトで文字盤と色を揃えてワントーンにするとカッコよく決まります。

アニエスベー3

「小ぶりなフェイス×細いベルト」に手書き風の英数字をフェイスにON。
どんなスタイルにもシーンにもマッチする、女性らしいシンプル腕時計。実はソーラーで動く機能的な所もポイントです。

芸能人御用達でも有名! 斬新なスタイルと独自のデザインで旋風を巻き起こしました。

世界のファッション業界を絶えずリードしている『シャネル』のウォッチは、マドモアゼルシャネルの精神を受け継いだ、マスキュリンでフェミニティが宿る。
時代の息吹を取り入れて、常に進化しています。数々の名品は、デイリーなエフォートレスな装いをもラグジュアリーに引き上げてくれます。
シャネル×大人の人気腕時計2選!
シャネル腕時計


ボーイフレンド

【上】
端正でエレガントな時計とモノトーンのルックスで気分はマスキュリン…。2020年の新作は、ステンレススティールのケースに、オパールホワイトのダイヤルの組合わせ。新しくなったストラップは、カーフレザーにふっくらしたキルティングパターンを施したデザイン。インターチェンジャブルなので、簡単な操作で付け替え可能。全19種類から選択可能。
【左下】
男性的なものの中に見いだす女性らしさ。そんなエスプリにあふれた「ボーイフレンド」。大きめのサイズ、は、まるでパートナーの時計を身につけているような、感覚に。
キルティングパターンのストラップが、シャネルらしい遊び心。ストラップは、簡単につけ替えられるインターチェンジャブル仕様となっています。
【右下】
今年で誕生4年目を迎えた、シャネルのアイコンウォッチ「ボーイフレンド」は、レクタンギュラーをモダンにアレンジした八角形のケースデザイン。マスキュリンとフェミニンがこの上ないバランスで共存するエターナルに愛せる洗練がここに。 日本の美しき文化である着物に通じるように、直線だけで描かれるデザインには、品格や知性を感じさせるものがあります。
腕時計も然り。 レクタンギュラー(長方形)ケースから受け取るのはインテリジェンスな印象で、それは女性の聡明さを引き出すもの。端正でありながらモダンさも薫るフォルムはスタイルや個性を問わず、実は似合わない人が少ない、一番合わせやすい形でもあります。
フランクミュラー - ブランド時計専門店ムーンフェイズ
シャネル腕時計2

J12
存在感のある時計に引き算したスタイル…オシャレのキャリアが香ります…。
2000年に誕生以来、ウォッチメイキングの世界に一石を投じ、21世紀のアイコンウォッチと称され、人気は不動のものに。
革新的なこのセラミックウォッチは、モダニズムの象徴的な腕時計として、多くのファッションリーダーに愛され続けています。
2019年にはリニューアルし、一見変わらないようで、細部にわたり新しい息吹が吹き込まれました。2020年秋には、サイズダウンした新作7型がお目見え。

ウブロ×一生もの腕時計2選!

芸能人御用達としても有名な「高級時計の革命児」

時計選びで大切なのは、ずっと使えることより“ずっと愛せる”ことなのかも知れない……。そんな思いが馳せるスイス生まれの本格時計ブランド『ウブロ』。

ウブロとはフランス語で舷窓の意味で、その舷窓のようにビスで留められたベゼルが特徴。いまの時代に合うラグジュアリー&スポーティなスタイルは、腕時計が映える季節にも自信が持てて、ちょっぴりカッコいい私になれるのがこのブランドの魅力。

「クラシック・フュージョン」パールピンク ダイヤモンド

スポーティさとしなやかさが融合したウブロの代表シリーズ「クラシック・フュージョン」。中でも女性に人気なのがこのモデル。マザーオブパールのダイヤルとベゼルを飾るダイヤモンドが、甘いピンクにリッチで大人な煌きを添えて。

「ビッグ・バン」スチール ブルー

ラグジュアリースポーティを体現した骨太なシリーズ「ビッグ・バン」。取り入れやすい革ベルトでいて、通な選びを感じさせる主張のあるデザインは一歩差がつくデイリーの味方に。ちなみにペアウォッチも楽しめるのも特徴で、どちらも満足するスペックが嬉しい。